« 消費税の納税義務に関する改正についてのおさらい | トップページ

2013年9月27日 (金)

商品券を購入した時の消費税について

取引先等にギフトカードや商品券を贈答する場合があります。
ギフトカードや商品券を贈答用に購入した場合の消費税の取り扱いはどうなるのでしょうか?

この場合、消費税は非課税として取り扱うこととなります。

ギフトカードや商品券を購入した時に課税としてしまうとどうなるでしょう?

商品券を購入時に課税し、さらに使用時にも課税すると二重課税となってしますね。

つまり、ニ重課税を排除するために、ギフトカードや商品券を購入した場合には非課税として取り扱うこととされています。
その後、その商品券を使用して物品を購入した時において、課税されることになります。

商品券も切手と同様、継続して購入時に課税仕入とする方法を採っている場合にはその処理が認められます。

ただし、商品券を購入した時に税額控除し、さらに商品券を使用して物品を購入した時にもその商品券の額面相当額も税額控除する・・・となるとニ重に控除している事になるので注意しましょう。

« 消費税の納税義務に関する改正についてのおさらい | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1425225/53406273

この記事へのトラックバック一覧です: 商品券を購入した時の消費税について:

« 消費税の納税義務に関する改正についてのおさらい | トップページ